行方不明

日本には未解決の行方不明者がたくさんいる現実

日本は国際的に見ても治安のいい国として知られています。しかし、その日本でさえ警察に受理される年間失踪者数は毎年10万人程度おり、そのうち1割近く、つまり1万人程度の人が未解決のまま行方不明となっています。またこの数は警察に受理された数のみなので、届出がなかったり不受理だった数を含めると、おそらくもっと多いはずです。自ら望んで姿を隠している場合や、その逆でなんらかの事件に巻き込まれた場合など、行方不明となる経緯は様々でしょうが、もしも本人が望んでいない場合の失踪が未解決のまま放置されているとしたら、それはとても恐ろしいことです。時折、テレビでこうした行方不明者のニュースが流れる事がありますが、それは行方不明になっている人の全てではありません。全てを報道するのは、時間的にも予算的にも不可能だといえるでしょう。しかし、注意喚起をすることは出来るはずです。なにかが起きてからではなく、なにかが起きてしまう前に、一人一人が国内で起きているこのような現実を知ることが出来れば、少しずつ年間失踪者数を減らすことが出来るかもしれません。

行方不明者リストの管理パターンと種類について

現代日本にも沢山の行方不明者がいて、警察やメディア、インターネット等の方法で捜索は続けられています。行方不明者リストは、様々なメディアが持っておりインターネット等で情報を集めています。行方不明の形は、個人の意思でなる蒸発や家出や本人の意思とは別に行方不明になる誘拐、遭難等が有りますが、基本的には捜索願を出されていている案件になります。事件性の有る物は警察も、長期間に渡り行方不明者リストとして管理し情報を集めたり、情報提供を求めると言った作業を行っています。事件性の無い物は、警察も有る程度は情報協力を求めますが、主な物はメディアや親族がインターネットを使ったり、路上で協力を求めたりする事が多いです。中には生死の分からない物も有りますので、長期に渡る物が多いです。行方不明者リストはインターネットで検索すれば、各メディアで出していますので沢山の募集情報が出ています。インターネットの載っているリストの中には事件性の有る案件、無い案件関係なく掲載されています。

失踪事件の解決のために一つの方法として調査依頼

失踪事件へと発展した一部には、失踪宣告をする方もいらっしゃいますが、定義としては次のようになっています。不在者の生死が七年間明らかではないとき、家庭裁判所は、利害関係人の請求により失踪の宣告をすることができる、となっています。家族や自分にとって大事な人が失踪してしまった方は、見つけ出すためにどんな方法でも必ず以前のように自宅へ戻ってほしいと切なる希望をもっていらっしゃるはずです。全国で警察に失踪届けが出ているだけで10万人規模だと言われていますが、未届けの失踪者を合わせるとこの数字の2倍とも、3倍とも言われています。そんな方々を探し出してくれるのは、警察機関だと思われがちですが、警察機関は、事件性がなければ調べてくれません。家族や自分にとって大事な人が失踪事件に巻き込まれたのかどうか、そんな時は家出人の探し方【事件や事故に巻き込まれる前に見つけ出す!】に載っている調査をするプロが、失踪者の情報をもとに、有料ではありますが調査をしてくれます。失踪者が事件に巻き込まれた失踪事件なのか、何らかの理由で自ら失踪と言う選択をした、など細かな事まで報告をしてもらえます。もし、身近な方が失踪してしまい悩んでいるのであれば調査の相談をしてみるのも解決への一つの方法だと言えます。